アニメ『ちはやふる2』第24話感想~かくとだに~

千早の弱気が犯罪者と被害者が生まれるのを阻止しました。
エロムくんの手つきにはスタッフの並々ならぬ思い入れを感じます(笑)

栗山先生も露骨に桜沢先生びいきだなぁ。
幅広い年齢層にモテる人ですね。


今週も新がすごい!
前回の渡り手もよかったし
今回の超加速も圧倒されるほどの演出だった。

アニメだと新の強さがひと目で分かるのがいいですね。


千早の得意札であり
このアニメのタイトルでもある『ちはやふる』
なんと新こそ「ちはやふる」だったとは!
原作を読んだときたいていの人はこういう感想だったのですが
アニメ派の人はどうだったのか気になるところです。


今回のサブタイトルも「ちはやふる」でも良かったですね。

とはいえ、「かくとだに」も菫ちゃんの思いに対応したタイトル。
今回の菫ちゃんがかわいかったですね。
アニメは原作よりも15%ほど
かわいさ増量して描かれている菫ちゃんですが
今回の切ない表情や健気な思いは
本当に応援したくなりました。




次回最終回。
高校選手権が終わりその余韻の回がラストというのは
1期と比べると物語的にもキリがいいところで
終わりそうですね。




漫画『ちはやふる』

 1巻~4巻(一首~二十三首) 各話感想 目次

 5巻~8巻(二十四首~四十七首) 各話感想 目次

 9巻~12巻(四十八首~六十八首) 各話感想 目次


アニメ『ちはやふる』

 アニメ『ちはやふる』 各回感想 目次



トップページへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

はる
2013年06月25日 01:14
渡り手と超加速はアニメ映えしますよね~。
新の手が伸びて見えたのは某キャラと同じで、ぞわぞわっとなりましたが(笑)

それに新の札押しに対する詩暢ちゃんの取りで、なぜ札が別々の方向に飛んで行ったのか、視覚的にやっと理解できたような気がします。

超加速で飛んできた札を超反応でブロックする太一はカッコ良かったですね。

そうなんですが、新と詩暢の関係に嫉妬する千早という、原作にない場面が挿入されてしまいました(笑)
これって原作者があえて描かなかったことだと思うのですが、それにより次回の太一が決定的に切なくされる予感がします(笑)

高校選手権とその余韻がラストなのはキリがいいと思いますが、どの視聴者にも衝撃的な最終回になると思うので、三期要望の声がたくさん上がることを期待したいです。
神場@管理人
2013年06月28日 21:32
はるさん、こんにちは!

最終回まであと5時間ほどです。屈指の名シーンもあることだし、期待してしまいますね。

千早がモヤッとする演出についても記事にしようと思っていたのに、忘れていました。ついでにここで書いちゃいます。
原作にないシーンですが、個人的にはあの演出があってよかったです。
というのは、原作では、例の名シーンのあたりで急激に千早の新に対する思い顕在化した印象なんです。もちろん常にその思いが千早の心のどこかにはあるわけですが、それがいきなり自己認識できるレベルになった。
なんとなーく、千早の思いはもうワンクッションあって気付いた方がしっくり来るなぁと思ってたんです。
そういう意味で今回の演出は腑に落ちるものでした。
太一ファンとしては切なさ倍増なんですが(笑)

超反応!太一はいつも千早を守るつもりでかるた取ればいいのに!?

三期は、激しいかるたのシーンも増すので、是非アニメ化してほしいですね。

この記事へのトラックバック

  • ◎ちはやふる2第24首「かくとだに」

    Excerpt: チハヤ:A級だよ太一(;_;)おめでとう>>泣くなおきろ、急がないと終わっちゃうだろ;太一はA級。つまり、ライバル・・・c)いってきていいですよ、机君は私たちが応援します>>いくぞチ... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2014-03-29 00:49