さすおに戦略-『魔法科高校の劣等生』

2014年春夏のアニメで
放送前の注目度が非常に高かった『魔法科高校の劣等生』であるが
その評価はかなり残念なものとなった。

なぜ残念な評価がついてしまったか。

あらすじ紹介を兼ねてその理由を簡潔に説明すると
このアニメは”魔法科高校における成績評価は決して高くないのに
実は超人的能力の持ち主である主人公・達也が
学内外の問題を圧倒的な力でクリアし
妹の深雪をはじめとする周囲の人から称賛されまくる物語”のため
――そのあまりにも主人公万歳な展開や演出に
視聴者が辟易としてしまったというわけです。


ネット上では、達也が活躍し称賛される度に
「さすおに」という単語が飛び交っていました。

これは達也を慕う妹・深雪のセリフ
「流石はお兄様です」の略で、
「今回もさすおに展開だったなw」とか
「こんな反則的な魔法を使えるとは、さすおにっ!」
などと作品を揶揄するときに使われる用語。

「さすおに」が今年のアニメ界の流行語大賞になることは
ほぼ間違いないほど主人公万歳な匂いの強い作品でした。


で、ぼくが気になったのは
原作の何倍もさすおに度が高かった点です。

原作もたしかにさすおにしてるのですが
そこまで匂いが強くなかったと思うんです。
アニメは原作よりもさすおに展開が目立ち
過剰にさすおに演出がされている印象でした。

おそらくアニメスタッフは狙ってやったのだと思います。

原作に対しても主人公TUEEEな部分が揶揄されていたので
さすおに度を上げるか下げるかについて
スタッフは敏感だったはず。
それにもかかわらず、あえてさすおに度を高くした。
アニメスタッフがなにを意図したのか・・
ぼくは、深雪を王道ヒロインの方向で押し出したかっただろう
と想像しています。

原作の深雪は容姿も雰囲気も完全無欠、
女神のような周りから崇拝されそうな存在であり
それでいて兄の前でだけは少女らしさを見せる
その両面を持ち合わせているのが魅力です。


しかし、この魅力って王道ヒロインからはほど遠く
その魅力を分かりやすく的確に伝えるのは難しい。

文字媒体と違ってアニメはさらっと観る人が多く
魅力が分かりやすく伝わらないというのは致命的な問題です。

そこで、アニメでは深雪の気高さを最小限にして
可愛い王道ヒロインっぽく仕上げ、
分かりやすいヒロインにしたかったのだと思います。


容姿をかわいい系に、
雰囲気を少し抜けている感じに、
能力をあまり目立ちすぎないようにした上
達也が活躍するシーンを強調し
お兄様にあこがれる可憐な少女を描写した。

こうして、主人公万歳なアニメが出来上がったのだと思います。


これはこれで一つのやり方な気がします。
原作ファンの人は当然憤慨したようですが
原作のままの深雪で売れたかというと
なかなか難しかったのでは?と思います。

と分析しつつ、やはりぼくもアニメのさすおに具合には引きました(笑)



★あとがき

でもなぜか最後まで観てしまう不思議なアニメでした。

「ヒロイン」について色々思うところが出てきたので
うまくまとめられたらまた書きます。

ヒロインといえば、いま卓球のヒロインたちが頑張ってますね。
アジア大会についてちらっと書こうかな。

~さすおに戦略~




トップページへ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック