私の愛したヒロインたち

告白します。


早川由加子さんが好きです

槍溝愛さんが好きです

丸山舞子さんが好きです

尚田ひなこさんが好きです

中山かなこさんが好きです

大成珊瑚さんが好きです

立樹ユナさんが好きです


羅川真里茂作品に出てくるヒロインが
すべからくことごとく見境なく余すところなく好きなのです。

漫画のキャラクターで最も可愛いのは
羅川真里茂の描くヒロインだと思っています。


さて、羅川真里茂という漫画家の名前、
少女漫画を読む人ならば
おそらく知らない人はいないでしょう。

代表作は『赤ちゃんと僕』『しゃにむにGO!』
現在ヤングマガジンにて『ましろのおと』を連載中。

この人の描く漫画にハズレなし!!
と思える漫画家の一人です。

画、ストーリー、テンポ、テーマ、セリフ
どれを取ってもクオリティが高いので
アピールポイントはたくさんあるのですが、
今日はあえてヒロインの魅力一点に絞ります!


羅川作品のヒロインは強くて可愛いんです。

気が強いというより、芯が強いタイプ。
萌える可愛さや派手な可愛さではなく
柔らかくて可憐な印象。

そして芯の強さと可憐さのバランスが絶妙なんです。
世間の厳しさや生きることの大変さを分かっていながら
それでもまっすぐで可憐でいられるところ
――これが羅川ヒロインの魅力です。


この記事書いてる人キモーい、と思ったそこの方、
『ましろのおと』12巻を読めばきっと貴方も納得するはず。

というわけで、『ましろのおと』オススメです!



★あとがき

作品の内容に一切触れずにレビューしてみました。
同志、求ム(笑)


~私の愛したヒロインたち~




トップページへ


"私の愛したヒロインたち" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント