アニメ『ちはやふる2』第6話感想~たつたのかはのにしきなりけり~


感動した~!

東京都予選のラストということもあって
当然盛り上がる回なんですが
演出が非常に考えられていました。

北央の札分けがどれだけやばいものなのか
丁寧な解説と不穏な空気で視聴者に理解させる演出。

これがあるからその後の展開が非常に盛り上がりました。

太一がヒョロくんに勝ったのは
本来ならありえない一勝だというのが伝わってきました。
「瑞沢一勝」の声が裏返っているのが
またいい感じでした。

この瑞沢の一勝を受けての
甘糟くんの変化もまた熱かった。

最後に菫ちゃんが白波会に入るところまで込みで
1つ1つのエピソードがつながっているのが
よく分かる演出になっていました。



「運命戦は運命じゃない」のセリフは
個人的には太一に言ってほしかった。
これは原田先生のセリフと読む方が素直な気もするし
どちらの発言だとしてもたいして変わらないんだけど
太一のセリフとして聞いてみたかった。



あと、相変わらず机くんがかっこいいのはなんなんだ。
原作よりもかっこよく見えるのは声の力以外にも
なにか演出の力があるのではなかろうかと分析中。



漫画『ちはやふる』

 1巻~4巻(一首~二十三首) 各話感想 目次

 5巻~8巻(二十四首~四十七首) 各話感想 目次

 9巻~12巻(四十八首~六十八首) 各話感想 目次


アニメ『ちはやふる』

 アニメ『ちはやふる』 各回感想 目次



トップページへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

千早太夫
2013年02月18日 12:20
確かに感動しました。1人でうるうるしてしまいました。

このあたりの話は、2期を待つ半年間に数え切れないほど原作を読み直したので、ストーリーも台詞も完璧に頭に入っていたのに…。

原作を知る我々ですらこんなに感動したのですから、純粋アニメ派の皆さんの感動はいかばかりかと思います。
以前、このブログのどこかのコメント欄に書きましたが、ストーリーを知らない純粋アニメ派の方々を、少し羨ましく思うことがあります。

今回の話は、ネットの感想でも、「1~2期を通じて最高!」という声まであるようです。
でも、全国大会ではもっともっと凄い戦いが待ってるんですよね!!!

ちなみに、次回は大会前の中休み回だと思うのですが、個人的に好きなコネタが多いです。
それは次のとおりなのですが、このうち何が採用されるか、今から楽しみです。
・ネット掲示板にイラつく千歳姉ちゃん
・「あの丸い人」
・商売上手な利恵子さん
・「5人分の逸材」
・「情けは人のためならず」を地で行く千早
・かなちゃん「私の責任」と泣く
・菫ちゃん衝撃のすっぴん事件
みみ
2013年02月18日 15:14
大満足の一話でしたね!
机くんイケメンすぎてやばかったです\(^o^)/
ただところどころ気になるところが、、原作では机くんは札分けに気づいてたと思うので、「左利き対策。」って言わないで、もっと違うセリフいれてほしかったです!あと太一の「瑞沢一勝」の作画がちょっとかわいかったのであそこはもっとかっこよく書いてほしかったなー!!と思いました(^_^;)
新からメールきた時の千早の「珍しい!」も削られてたし(T_T)
ただアニメオリジナルの太一のセリフ「ちはや~一日ぐらい休ませろ」がかなりツボりました!!!ww
次は袴購入回だけで終わるんですかね??できたら丸一回使ってほしいと思います!数少ない日常回だし!
神場@管理人
2013年02月19日 12:01
千早太夫さん、こんにちは!

漫画に色がついて、動いて、声が入ると、こんなにも新鮮に感じられるのかと改めてアニメの力を感じました。

今回が1期2期通して一番良かったという評価はうなずけます。
千早、甘糟くん、太一、机くん、肉まんくんの物語が、あの短時間で伝わるように、テンポや音楽、声優さんの演技、色々な点が工夫されていました。
もともとストーリー的に盛り上がる回ではありますが、原作の11巻が出たとき、そこまでの評価ではなかった気がします。とすると、アニメの演出の力が大きいなかな、と考えています。

全国大会のあの試合やあの試合、楽しみになってきました。

次回ですが、女帝VSご隠居のバトル(5人のノルマ)のくだりがカットされましたので、「情けは人のためならず」と「私の責任」はカットかな~。
神場@管理人
2013年02月19日 12:22
みみさん、こんにちは!

机くんが「左利き対策」と言ったときにはぼくもおやっ?と思いました。机くんの賢さをもってすれば気付いてる描写の方がしっくりきますよね。
でもあれ、いい改変かもしれないと思っています。
経験不足の瑞沢ではなかなか気付けない作戦として描かれている方が、北央の強さが伝わってきて、その後の千早&太一の健闘っぷりが増すと思うのです。

画については、全体的にやや崩れ気味でしたね。

次回はいい話なのでゆっくりやってほしいですね。
千早太夫
2013年02月20日 12:16
いやいや神場さん、女帝vsご隠居のノルマ対決は、1期の最終回第25話で描かれてますよ。女帝はちゃんと「5人入部しなければ部室を明け渡す」と約束しています。
女帝の手書き絵文字つきメモが部室に届き、みんなが「5人なんてムリ」と言う中、かなちゃんが「部費3万え~ん♪」と喜んだところでEDに入りました。

ちなみに、その女帝のメモは2期第1話の冒頭で、ちゃんと部室に貼ってあります。
細かいところに配慮が行き届いた演出だなあと思ったものです。

原作の頁数が同じでも、試合の場面より日常の場面の方が、アニメにした場合にカットされるシーンが多いように感じます。
コネタ楽しみですが、期待しすぎないで見るようにします(笑)。
はる
2013年02月21日 00:29
神場さんこんばんは

アニメ第6話凄く良かったですよね!
やはり動きやBGMが入ると試合の臨場感が増すのと、1話の中に贅沢すぎるくらい何個も山場が存在したので、興奮のボルテージがどんどん上がってしまい原作を読んでいるのにと驚きました。

ただ、神場さんが仰るように「運命じゃない」のセリフ、特に二回目は私も太一のセリフとして聞いてみたかったです。
もし太一のセリフだったら、去年の運命戦を視聴者にも思い起こさせるような太一の気持ちのこもったセリフになっただろうにと正直かなり残念です。

次回の見所は千早太夫さんが幾つも挙げて下さいましたが、個人的にかなちゃんの「私の責任!」と菫ちゃんのすっぴんが楽しみです。
同じ女性として是非菫ちゃんのすっぴんは可愛らしく描写してあげてほしい!(笑)
みみ
2013年02月23日 15:04
太一の運命選は原作であと何回も登場するので、そちら楽しみにしてます\(^o^)/
神場@管理人
2013年02月24日 18:35
千早太夫さん、ご指摘ありがとうございます!

言われてみれば1期でやってましたね!しかし2期でそんな配慮がされているとは気付きませんでした。

1期は日常部分が削られる傾向にありましたね。
2期はいまのところ1話2首のペースで大幅カットがなく、いい感じですね。

2013年02月24日 18:52
はるさん、こんにちは!

共感してもらえたみたいでよかったです。
運命戦については、そうなんですよね。一年前との比較ができるから太一に言ってほしいんですよね。

菫ちゃんは、原作で予想以上に貧相でしたよね(笑)

2013年02月24日 18:53
みみさん、こんにちは!

太一の運命戦は毎度アツいですよね。この先に期待です!

この記事へのトラックバック

  • ◎ちはやふる2第6首「たつたのかはのにしき...

    Excerpt: |チハ:ニクマン君が負けた!?|原田:キミは二つの強さを手に入れようとしているのか!ッΣ(゚д゚;) ユウタ:まだ読まれてないはず、山はって早くでた?そんなわけない いるわけない、... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2013-09-03 21:25