間に合わなかったー(ちはやふる)

今日はちはやふるの新刊23巻発売日です。 新刊が読める~とテンション上がりつつも 22巻の感想をアップしないまま この日を迎えてしまい 「間に合わなかったー」ドゴーーン という残念な気持ちもあり。。 23巻は発売されましたが、そのうちしれっと 「新のターン-ちはやふる22巻感想」という記事を アップするかと思いま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オススメのアニメ作品

もうすぐ年末ということで色々と整理をしていたところ ふと、ここ何年かで観たアニメをまとめてみたくなりました。 オタクの道に足を踏み入れたのが4年前の夏頃なので、 そこから数えると、合計16作品ありました。 以下、内訳を列挙(かっこ内は放映期間) 『コードギアス反逆のルルーシュ』 (2006年10月~2007…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

CM-安藤サクラ

CMが好きである。 録画したビデオを観るときも、 基本、CMを飛ばさない派である。 好きな理由はおそらくありきたりなものだが たった15秒ないし30秒という短い時間に 明確なストーリーがあり 強烈なメッセージがあ、 インパクトのある演出がある点が たまらなく好きなのである。 作り手の技術が濃縮されているのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骨太ドラマの逆襲-ドラマ『半沢直樹』を最終回まで視聴して

TBSドラマ『半沢直樹』が非常に面白かった。 毎週毎週はハラハラドキドキの展開で 一回たりとも見逃したくない、 そんなドラマでした。 今年の流行語ナンバーワンは 「倍返し」で間違いないでしょう。 (あ、「今でしょ!」が一番か。) そんな『半沢直樹』ですが、ドラマ開始まで TBS内でもこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・太一・千早の意識の方向

ちはやふるに関してふと思ったことのメモ。 新は過去 太一は現在 千早は未来 への意識が強い。 こういう視点で読み直してみたら 面白いかもなぁと。 もちろん、 みんな未来のことを考えているし 過去に大事な思い出を持っているし いまをしっかりと生きている。 なので、あくまで比較の問題であり …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

間で揺れ動く人たちーちはやふる21巻感想(2)

21巻感想続きです。 ◆間で揺れ動く人たち◆ 前回猪熊さんについて語りました。 次は太一について。 ・揺蕩う太一 猪熊さんが理想と現実の間で揺れていたのに対して 太一は‘自分のあり方’について揺れています。 明確な目的もないままに 修学旅行をサボって大会に出場するなんていう らし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

間で揺れ動く人たちーちはやふる21巻感想(1)

ちはやふる21巻感想です。 3ヶ月遅れだった20巻感想から少し進歩して 1か月半遅れでの感想アップです!(笑) 実はまだ1周程度しか読んでませんので 精度の点で不安なところがありますが 見切発車で感想書いてしまいます。 長いので分割します。 ◆間で揺れ動く人たち◆ 21巻では、2つ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

近況-ちはやふる関連

最近めっきりちはやふるの記事を更新しなくなってしまいましたが もうそろそろ復活したいと思っています。 とりあえず21巻の感想ですね。 遅くなった分、内容が濃いものになる予定。 今週末にはアップします。 漫画『ちはやふる』  1巻~4巻(一首~二十三首) 各話感想 目次  5巻~8巻(二十…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いいねいいねェ最ッッ高だねェェェェェェェェェ!!!!

『とある科学の超電磁砲S』の第16話を観ました! いやもうほんと最ッッ高でした。 15話16話の演出、神でした。 アクセラレータ編は アニメ『とある魔術の禁書目録』 漫画『とある魔術の禁書目録』 漫画『とある科学の超電磁砲』 に続き、今回で4タイプ目の描き方を観ましたが アニメ『とある科学の超電磁砲S』が …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

規範的であることの意味-アニメ猫物語(白)第3話感想

火燐を手玉に取る戦場ヶ原に笑いましたねー。 それから毎回毎回お色気シーンを入れてくる アニメスタッフの心意気には感動すら覚えます。 ◆規範的であることの意味◆ キャラクターがたくさん登場した分 羽川の物語はあまり動かなかった今回ですが 初っ端に大事なやり取りがありました。 戦場ヶ原から「白すぎる」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんでも知っててなんでも肯定できる優等生-アニメ猫物語(白)第2話感想

第1話に続き第2話も百合百合してました、猫物語(白) そんな中、空気を読まずに真面目くさった感想を書いていきます。 ◆なんでも知っててなんでも肯定できる優等生◆ 今回は、好き嫌いがない、という異常さが語られました。 戦場ヶ原は、これを器が大きいとも評しましたが 何でも誰でも受け入れてしまうこと これはすなわち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全無欠のヒロイン羽川翼-アニメ猫物語(白)第1話感想

アニメ猫物語(白)つばさタイガーの感想です。 以前書いた原作の感想が 長くなりすぎるのを回避するため 若干分かりづらい内容になっていたかと思うので 再構成し直す形でアニメ感想を書いていきます。 ◆完全無欠のヒロイン羽川翼◆ 羽川翼というキャラクターほど完璧なヒロインを ぼくはいままで見たことがありません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメ猫物語白!!!!!!

始まってるじゃないですか!猫物語(白)! 明日朝早いのでとりあえず冒頭の1分20秒を観てやめましたが いやー泣ける。 たった1分で泣ける。 猫物語(白)はこのシリーズ中 最も濃密で珍しく頭っからシリアスで そこらの小説に負けない質の高い物語。 その物語の核心が冒頭の1分で全て語られているんです。 なの…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

アニメ『ちはやふる2』最終回感想~ふじのたかねにゆきはふりつつ~

最終回にふさわしい質の高い演出の連続でした。 このブログで何度も書いているように 原作の「苦しい」シーンは少しマイルドにするのが アニメのコンセプトだと思うんですが 千早が自分のかるたに悩んでるシーンは なかなか胸に来る描き方でした。 そして、だからこそその後の 机くん筑波くんのつくつくペアのピースに癒される!…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

アニメ『ちはやふる2』第24話感想~かくとだに~

千早の弱気が犯罪者と被害者が生まれるのを阻止しました。 エロムくんの手つきにはスタッフの並々ならぬ思い入れを感じます(笑) 栗山先生も露骨に桜沢先生びいきだなぁ。 幅広い年齢層にモテる人ですね。 今週も新がすごい! 前回の渡り手もよかったし 今回の超加速も圧倒されるほどの演出だった。 アニメだと新の強さがひ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

アニメ『ちはやふる2』第23話~をのへのさくらさきにけり~

真島が気負ったあーー 原作以上にヒョロくんらしい雰囲気が出ていました,、このセリフ。 珍妙キャラ本領発揮でしたね。 ヒョロくんのこのセリフ 結構好きなんですよ。 気負いがないというかすかしちゃってる風な太一より 頑張りが空回りして気負っちゃってる太一の方が 魅力的だったりしませんか? 千早の姿を見て大差で勝つ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

次のステージへ-ちはやふる20巻感想

21巻発売前に滑り込みで20巻の感想アップです! 20巻感想がこんなに遅くなったのは 感想が思い浮かばなかったのではなく ただサボっていただけなので、ご心配なく!(←余計タチが悪い?!) ◆さらなるステージへ◆ ・目の前にいるのは、太一! 千早が太一を見ました! 一緒に頑張っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメ『ちはやふる2』第22話感想~めぐりあひて~

全国高校選手権個人戦が開始しました。 個人戦は、団体戦に比べるとだいぶ地味。 詩暢ちゃんや村尾さんが言うように 本来だったら個人戦の方がメインのはずなのに かなりあっさり描かれています。 アニメでは桜沢先生の戦力分析が入ることで 準決勝の印象が増しています。 富士崎の選手が3組。 エロムくんVS甘糟くん 真…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

アニメ『ちはやふる2』第21話感想~なこそながれてなほきこえけれ~

負・け・ろ!負・け・ろ! の合唱がひどすぎる(笑) 試合会場に来て呪いかけるくらいなら そもそも東京の大学行くこと了承するなよ! と思うのですが。 そんな呪いをものともせず 翔二に地獄を味わわせ 肉まんくんにも束勝ちする新。 渡り手がめちゃくちゃかっこいいです。 小学生が見たらきっと渡り手を やりたがる子が出…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

千早のこつん?について-アニメ第20話感想補完

アニメちはやふる20話を見て 千早が太一のおでこにこつんとするシーンが抜けてる! どうして原作と変えたんだ! と感じた方が少なからずいらっしゃるかと思いますので その点について少しだけ。 原作の該当シーンはここです。 団体戦で優勝した後 病院で診察を受けてホテルに戻ってきた千早が 間違えて男子…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アニメ『ちはやふる2』第20話感想~あきのたの~

驚きました。 16話で総集編をやりながら 再度回想タイムを大幅に設けるとは。 なかなか勇気ありますよね。 でも、すごく腑に落ちた面もあります。 16話の総集編見たときに 少し不思議に思ったんです。 ストーリーの流れは追ってるけど なぜか重要な場面が抜けてる、と。 顕著なのは、総集編では 千早VS恵…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

アニメ『ちはやふる2』第19話感想~ゆくへもしらぬこひのみちかな~

ちはやふる2の最大の山場の回。 千早がかなちゃんの助言に従って歌を聴き 太一が机くんのデータを生かしこれまでの試合を糧にし 肉まんくんが不甲斐なさを払拭して 全員で掴んだ大勝利。 この回はもう語りたいことがたくさんあるんですが アニメ特有の点を1つ。 今回19話ですが 1期の19話でなにがあったか みな…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

3周年★★★

このブログも今日で3周年を迎えました!!! この1年を一言で言うと 漫画好きからオタクへと進化してしまった1年 でした。 (漫画のブログやってる時点で前から十分オタクだろ!  という声も聞こえてきそうですが) この1年で 人生初のアニメ聖地巡礼 (『あの花』の聖地@秩父)から始まり 人生初のコミケ そして…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

アニメ『ちはやふる2』第18話感想~わすれじの~

17話18話同時に感想アップ。 今回も濃厚でした。 「ついに封印を解かれる悪魔の心臓!!」 とでもタイトルをつけたくなるような詩暢ちゃんの変化。 普段は押し殺してきた思い ――同じステージに立ってくれる人間に飢えた気持ちを ああいう形で表現するんですねー。 そして前半一番盛り上げどころにされてい…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

アニメ『ちはやふる2』第17話感想~いつやるの?今でしょっ!~

17話は展開がめまぐるしく変わっていきましたね。 理音の感じ、やばい! ↓ ほかの富士崎メンバーも強い!!! ↓ そんな中、千早、覚醒! ↓ と思った矢先に怪我 ↓ それに対して理音、萎縮 ↓ 一方千早はゾーンに入る ↓ 肉まんくんの今でしょっ! ↓ 5人揃ってあきらめない 原作でも濃縮されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後まで非常に『ジャンプらしい』作品でした!-めだかボックス最終回

めだかボックスが完結しました。 努力・友情・勝利というジャンプのテーマをいったん斜めに見て 現実はそんなにうまくいかないよねという認識をベースに それでも奇跡のような勝利は 努力と友情で生まれるのだということを 一貫して描いていた、そんな作品でした。 原作者が小説家ゆえか 最近では珍しいくらいベタに そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメ『ちはやふる2』第15話感想~たごのうらに~

準決勝と決勝のつなぎの回でしたが なかなか濃厚でしたね。 なにが濃厚って 詩暢ちゃんの勝負パンツ! ではなくて、富士崎のキャラ。 キャラ紹介でお腹いっぱいです。 真琴先輩が男であることを 今回知って驚いた人も多いみたいですね。 マナカナは、髪の分け方で見分けられます。 ぼくが大好きな市村くんの声…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

アニメ『とある科学の超電磁砲S』レビュー&1話感想

『とある科学の超電磁砲S』 初回から面白かった~! アニメ1期の『とある科学の超電磁砲』が ものすっっっごい良作だったので 期待度MAXで観ましたが 期待以上の出来栄えでした。 アニメ1期で解決したあれやこれを前提にしていて 1期を観た人にとっては感慨深いシーンがたくさん。 その一方で、たった3分観れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメ『ちはやふる2』第14話感想~ものやおもふとひとのとふまで~

アニメちはやふる2、第14話の感想です。 今回、笑いどころが多かった~ しょっぱなの藤岡西と新、詩暢ちゃんのからみが良かった。 「息つぎしてないよ」とか 「読むなよ」とか 1分で5回は笑ったなー。 新にお手合わせを持ちかけた詩暢ちゃん 子供っぽい嫉妬がいい感じに出てました。 親の興味を引きたい子供と同じですね…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

アニメ『ちはやふる2』第13話感想~ゆめのかよひぢひとめよくらむ~

うーーーーーーーーーん 演出意図がわからん。 最近アニメ感想が愚痴気味になってしまっていますが 今回は特に愚痴です。 特に思い入れの強い回なので 読む人を不快にさせる可能性ありです。 一年間クイーンに向かって努力を続けてきた恵夢ちゃん。 でも恵夢ちゃんはかるたに淡々としている。 実は他のかるたバカとは違っ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more